奥野宣之 公式サイト「おくのて」

ようこそ! ここは著作家・ライターとして活動している奥野宣之の公式サイト&ブログです

未分類

新刊『抄訳 渋沢栄一「至誠と努力」』

投稿日:

2/5(金)、ひさびさに新刊が出ます。『抄訳 渋沢栄一「至誠と努力」』(実業之日本社)です。大正時代に出た渋沢の講演録を名言集ふうに抜粋の上、現代風に読みやすくしています。

数年前に現代語訳した『論語と算盤』(致知出版社)に続く渋沢栄一の本です。当初、担当編集者から700頁超の原著PDFを受け取って「(大河ドラマに合わせて)12月中に発売したい」と言われたときは「無理だろうな」と思いました。なんせ長い。それに渋沢が日本中で行った講演を集めたものなので、ものすごく総花的。そのまま現代語訳したら1000頁とかになっちゃうし、誰に読ませたいのか、ターゲットも定まらない。しかし、それでも「大丈夫ですよ!」と即答するのがライターというもの。

まず、12章ある原著を通読し内容メモを作りました。『論語と算盤』との重複はもちろん、同じ話が何度も出てくるので(講演録だから当然ですが)、ものすごく冗長に感じる。一方、若者に向けたメッセージや仕事に取り組む心得、そして慈善活動や教育論といった話は、本書で初めて読んだので新鮮でした。おもしろい。が、このままでは絶対に商品にならない。

「若者に檄を飛ばす」みたいな感じでまとめましょう、と言ったのが昨年の秋頃のこと。個人的にいちばんグッときた「若者はもっと元気を出せ!」「信念を持ってドーンと行け!」みたいなくだりから優先的に訳していきました。しかしそれでも長い、脱線が多すぎる。いちいち「中略」とか入れたりしたら注釈だらけになってしまう。 どうしよう、まだ方針も定まらないのに12月発売なんて絶対に間に合わんぞ……。

うーん……、ところで今『 麒麟が来る 』ってどこまで進んでるんでしたっけ? ああ、まだそんな話? ひょっとして12月に終わらなかったりして、ははは……。えっ、原稿ですか? 順調ですよォ、順調、順調、順調。

そして、ついに「次の大河ドラマは2月スタート」の一報が流れます。

天は我に味方せり!

2カ月の時間を得たことで、わが軍の士気は一気に高まりました。

よし、もうアレでいきましょう。抄訳スタイルで名言録にしちゃいます。え、構成やテーマ? 任せてください。大丈夫、大丈夫。あっ、カバーは肖像写真とかじゃなくて、若い人が手に取るカジュアルな感じがいいっすね!

というわけで、本書は、じっくりとテキストを練ったうえに構成を工夫を凝らすことができました。4回も校正したので、細部まで神経の行き届いた作品となっています。ただ時流に乗っただけの企画ではなく、編集者も私以上の渋沢ファンですから、おかげで熱のこもった本になりました。

というわけで、自信作の『抄訳 渋沢栄一「至誠と努力」』(実業之日本社)。ぜひとも手にとって御覧くださいませ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テスト

スマホから投稿してみました

no image

公開しました

ようやくこのサイトを公開することができました。 トップページには「俺のライター道!」みたいな 熱いことを書こうと思ったのものの、結局アレになりました。 「ごあいさつ」ってのがヘンな位置に出てるのが非常 …

百舌鳥古墳群の楽しみ方(その2)

前回に続いて書きます。 「もう『上から見たい』なんて言わせない! 百舌鳥古墳群の楽しみ方」 今回からはちょっと凝った話です。 4:一重濠の前方後円墳に行け 先にもちょっと触れたが、 仁徳陵の濠は三重だ …

no image

自動アイキャッチ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

百舌鳥古墳群の楽しみ方(その3)

「もう『上から見たい』なんて言わせない! 百舌鳥古墳群の楽しみ方」 第1回はアプローチ法、第2回は古墳の見方について書きました。 ラストとなる今回は、さまざまな楽しみ方の提案です。 7:生きものを観察 …